祭にっぽん
全国の祭り集合!
佐野写真館(あいらぶ富士宮)
へんぽらいの仕事とふるさと紹介
へんぽらい写真日記
管理人ブログです。
facebook 佐野雅則
facebookでお待ちしています。
へんぽらい
へんぽらい

Facebookページも宣伝

Twitterに投稿
Add to Google
Yahoo!ブックマークに登録
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アーカイブ
AdSense

へんぽらい日記 - マイブームはポップコーン その2 味付け

マイブームはポップコーン その2 味付け

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2016-12-11 0:16

購入したポップコーンメーカーです。
焦げずにポップコーンを爆ざしてくれる優れものですが、気がついたことがあります。

それは味付け。
味付け
コーンと一緒に取り寄せたフレーバーを振りかければ味と香りを付けることが出来るのですが、このポップコーンメーカーの特色は油を使わないと言うこと。
油をまとわぬポップコーンにはフレーバーがからみにくいので、一手間かける必要があります。

中華鍋
温めた鍋にバターや植物油などを充分に行き届かせ、

投入
ポップコーンを投入撹拌して、油を馴染ませます。

フレーバー
そしてフレーバーを振りかけます。
1回分(50グラム)のポップコーンにフレーバー一袋ではちょっと塩がきついようなので、半袋程度を2-3回に分けて振りかけ鍋を振り、かき回してまとわせます。


フレーバーも各種あり、Amazonで取り寄せることが出来ます。

味付けは、フレーバーでなくても塩で十分楽しめます。
味塩こしょうも案外イケました。

醤油バター
バターを中華鍋にまとわせ、中火で醤油を回しかけ少し焦がしました。
そこにバタフライタイプのポップコーンを投入し、鍋底からこすり取るように少し押しつけてかき回しました。
反省点は、焦げるのを怖れて水気を少し残したままポップコーンにからめたことです。
焦げない程度の弱火で、も少し水気を飛ばせば良かったかな。

味付け
50グラムのコーンで、このぐらいのポップコーンが出来ました。
すぐに食べなければ、湿気ないように袋に密閉します。
ダブルジッパーのフリーザー袋Mサイズに、丁度よいくらいの量です。
コーン2キロが100人前と言いますから、一人分が20グラム。
これで2.5人分てとこでしょうか。

でも一人で食べちゃいますけどね。(笑)
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1098)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

コメント一覧