祭にっぽん
全国の祭り集合!
佐野写真館(あいらぶ富士宮)
へんぽらいの仕事とふるさと紹介
へんぽらい写真日記
管理人ブログです。
facebook 佐野雅則
facebookでお待ちしています。
へんぽらい
へんぽらい

Facebookページも宣伝

Twitterに投稿
Add to Google
Yahoo!ブックマークに登録
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アーカイブ
AdSense

へんぽらい日記 - 最新エントリー

不思議な事もあるもので

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2015-2-5 14:25
ツイッターから届いたお知らせメール「人気のアカウントから」を見て驚きました。

htmlメールで届いたメールの画面に、私が撮ったんじゃないかと思うような見覚えのあるシーンが写っていたからです。投稿者はネット上で以前から交流のあるあさぎりさん。
それぞれに郷土富士宮市をネットに紹介している同志とはいえ、言葉を交わしたのはその節分祭豆まきが初めてでした。豆まきの写真はすぐ近くで写していたので、似たものが撮られることは当然あるでしょう。それにしても、構図とその瞬間までが一致するというのは偶然とは言え稀なことです。
あらためて自分の写真を確認すると、違うのはカメラ位置だと気付きました。


あさぎりさんの許可を得て、お写真を紹介させていただきます。
比較のために並べさせていただきました。左が私の写した写真で、右があさぎりさんが写した写真です。
その瞬間はまさに同一。画面下の人物だけ見れば違いはほとんど判りませんが、上部の撒かれたみかんや豆を見ると背景の屋根との位置関係が違います。
踏み台無しで撮っていた私の写真は撒かれたものが空にかかっていますが、踏み台の上から撮っていたあさぎりさんの写真では撒かれたものは背景の屋根を超えていません。


このようにほとんど横位置で撮っていたものですが、撒いたものを入れるために数枚を縦位置で撮りました。構図が一致するのは良くあることでしょうが、驚くべきはシャッターの切れた瞬間がまったく一緒だと言うこと。空中のみかんや豆の位置が視点の違いこそあれ一致しています。動きのある被写体は、わずかなシャッタータイミングのズレでも大きく形が変わります。ここまでタイミングが一致するのは大げさに言ったら奇跡に近い物。
宝籤でも買ってみようかな。(笑)

あさぎりさんのツイッターに投稿された写真です。
あさぎりweb日記
 あさぎりさんのブログです。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5241)
ワンセグ6Ch全録機械はWi-Fi環境でも視聴できます。
無料の専用アプリのインストールが必要ですが、自宅の無線LAN環境ではスマホやタブレットで全録された番組を自由に選んで視聴出来ます。
タブレット
録画番組数が膨大になりますので探すのが大変そうですが、検索機能もありますので大いに活用したいところです。
また、メーカーのサイトにユーザー登録すると無料のクラウドサービスが使用出来ます。このクラウドスペースに録画番組を送ると、出先からでもスマホで視聴することが出来、話題になりそうな番組を手軽に持ち歩くことが出来ます。

無料で使用出来るスペースは3時間半ほどですが、スペースは有料オプションで増やすことが出来ます。沢山の録画番組を出先で見たい場合には検討するけれど、無料スペースの有効利用には見たい番組をこまめに差し替えるのが良いでしょうね。
クラウドサービスを使用せず自宅のWi-Fi環境だけで視聴するのなら、ユーザー登録は必要ありません。
関連レポートはこちらです。
http://henporai.net/modules/d3blog/details.php?bid=63
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5704)

ワンセグ6局全番組2ヶ月分録画

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2015-1-25 14:15
フレッツ光の高速化を勧められたことも有り、「隼」に変更。
接続会社を変える予定もないので、長期割引も申し込みました。

ルーター

1月9日に工事が完了し、以前はひかり電話2番号だったことも有り3台の機器が並んでいたのが、今度は1台で済みました。
やっぱり高速化の利点は、動画関係かな。Youtubeが中断のストレスなく再生されます。
PC旧型機ではマシンパワーが足りずひっかかることは仕方ないが、フル画面で再生してもきれいに連続再生され、長時間物の映画なども探して楽しんでおります。

もう一つの懸案事項は、PCでテレビが見たいということ。
地デジ以前ではそれ用の機械もあったけれど、今はお役御免でほこりをかぶっています。
そんな時目についた通販メールに「ワンセグ6局全番組2ヶ月分録画」という機器が載っており、値段が手頃だったので飛びつきました。


ARecX6

これが本体です。ワンセグ用のアンテナは付属していましたが、電波が弱いのでアンテナ線から分配した物を接続。外付けのハードディスクが必要で、1テラバイトのハードディスクなら6局2ヶ月分の録画を保存出来るそうです。PCにはLANで接続し、アプリとブラウザで設定しブラウザで操作・視聴します。


TV

PC画面です。
ブラウザで機器のIPアドレスを呼び出すと、機器の現在状況が表示されます。
様々な設定はこのブラウザ画面から行い、視聴も録画番組から選びブラウザで行います。
視聴画面は小さく、PC画面の隅に置いてながら見するにはちょうどいいくらいか。


TV画面

フルスクリーン表示もでき、また小画面を拡大することも出来ますが、解像度の低いワンセグ画質なので小さな画面で見るのが適当かな。


TV2

LANで接続されたPCからブラウザを使用して好きな録画を見る事ができます。
ただしブラウザとの相性があるようで、Mac環境ではChromeでは設定出来ても視聴が出来ませんが、SafariとFirefoxでは視聴出来ました。
常時全録状態ですが、その状態でLAN接続されたPCから視聴が可能です。
複数PCからの同時視聴は試しておりませんが、常時全録状態ですので過剰な負担は避けた方が無難ではないでしょうか。

LAN環境と専用外付けHDD、アンテナ分配器など必要な物もありますが、画質を求めるのでなければ充分楽しめます。お忙しい方だとチェックする時間が限られるでしょうが、見逃したテレビ番組の視聴など、暇をもてあましている方などにはもってこいかと思われます。


きゃぷちゃー

私はPC操作しながら隣で常時テレビをつけている悪癖がありますので、PCで録画番組を再生しながら作業出来るのは一石二鳥。もちろんPCへの過剰な負荷は好ましくありませんので、心して使用したいと思います。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4851)

羽鮒山冬の夕暮れ

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-12-20 23:06
平成26年12月19日に羽鮒山まで紅富士と夜景を見に出かけました。
冬晴れの日の当たり前の光景ではありますが、この夕暮れ時の光の移ろいは見飽きることがありません。ご紹介します。

NKN_0300-800

16:11 町も富士山も夕陽に照らされ、オレンジ色に染まります。

NKN_0308-800

16:32 町は陰り、夕焼けは雪化粧をピンクに染めました。

NKN_0311-800

大地の影が駈け昇り、夕焼けは雪化粧に追い詰められました。

NKN_0313-800

夕焼けが空に抜ける寸前。

NKN_0324-800

雪化粧は素面に戻り、街にはちらほら灯りが点り始めます。

NKN_0353-800

宵闇が富士山を飲み込む一方、街の灯りは輝きを増します。

NKN_0356-800

富士山は宵闇に没し、夜の街は光が満たします。


富士山が夕陽に染まりやがて闇に沈むまで、カメラの機能を使用し10秒ごとに撮影した写真で動画を作りました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5676)

羽化の兆候

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-8-30 1:00
ツマグロヒョウモンの蛹の時期が8日ということで、8日目に目をこらして蛹を観察し、判ったことを憶えとして書いておきます。


左が羽化前日の蛹で、右が羽化当日1時間前の蛹です。

・色の黒い蛹でしたので羽化間近の翅の色が見えにくかったのですが、前日に比べれば当日の蛹の
翅は明らかに成虫の翅の模様が透けて見えます。

・前日まではしっかり縮まっていた腹部の節が伸びています。

・背面の突起頭側の5対が前日までは金色に輝いていたものが、当日には青くくすみ輝きが失われて空洞ができはじめています。

幼虫が蛹になる際も黒と赤の二色だった背中の棘が、間に空洞を生じて紅味が縮小したところに空洞が見られました。ツマグロヒョウモンに限っては、棘や突起は蛹化や羽化の兆候を示すもののようです。

羽化13分前
羽化13分前です。突起の黄金の輝きは消え失せました。
もうすぐ羽化が始まります。


蛹に亀裂が入り、羽化が始まりました。
説明は動画を御覧下さい。


蝶
そして蝶になりました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6823)

星めぐりの歌

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-8-29 14:53
最近星空が気になるのは、このムービーを見たからじゃ無いでしょうか。


inck3さんがyoutubeにアップしたムービーです。

「星めぐりの歌」という宮沢賢治が作った歌です。
バックに流れる星空のムービーがとても素敵で、どうしたらあんな素敵なムービーが撮れるのだろうと思っていました。
何秒ごととか何分ごとにシャッターを切るというカメラの機能でインターバル撮影というのがあって、決まった間隔で撮影された写真を繋げてムービーにしたものがインターバル動画だとのこと。
今度のカメラ選定にあたって、重視したのがこの機能でした。

いつかこんな星空のムービーをご紹介できれば良いと思っています。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6121)
ツマグロヒョウモン羽化

何年か前ツマグロヒョウモンの幼虫を庭でたくさん見つけたので、足りない餌を他所から調達して育て上げ、写真に記録した事があります。当時はビデオで撮ろうとは思わなかったというより、民生用ビデオの画質も精細さを欠き、写真の方が画質的に優れていたからかも知れません。

今年も庭を歩く終齢幼虫を見つけ保護したところ、やはり餌が足りません。
近所を探し回って食草のスミレを調達し、蛹化にこぎ着けました。事前に気がつけば写真かビデオで撮れたのですが、気がついた時には2頭が前蛹になっていました。
翌朝気がつくと1頭が蛹化し、もう1頭が蛹化の兆候を示していましたので、慌てて撮影準備に入ると来客がありました。息も絶え絶えの高年のご婦人が車を呼んでくれとの事。医者に行こうと出かけたものの道に迷い、炎天下を歩き回って熱中症を起こしたようでした。医者に行くというので何とかタクシーを呼び送り出しましたが、気がつけば蛹化は終わっておりました。

蛹化

でももう1頭少し成長が遅れた幼虫が居りましたので、この幼虫に望みをかけ注視していたところ、なんとか蛹化と羽化をハイビジョン動画に収める事が出来ました。


蛹化のビデオです。前蛹になるところと蛹になるところを撮影できました。

先に蛹化した2つの蛹も、羽化の撮影準備中に雄1頭が羽化してしまい撮りそびれました。
残り1つの蛹を1日注視しましたが、蛹の様子に進展は無くどうやら死んでいる模様であきらめました。


そして今日やっと撮影できた羽化のビデオです。
この蛹もうっかり近くに蚊取り線香を置いてしまい、死んでしまったのではと半分あきらめていたもので、羽化の兆候が見えた時にはほっとしました。

コンパクトデジカメとは言え、マクロ撮影と動画撮影の機能は捨てがたいものがあります。
こんな高精細な動画が2万円もしないコンデジで撮影できるなんて、数年前には思いもしなかった事です。

やっぱり良いな、PENTAX X-5
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5596)

星空とペンタックス K-3

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-8-27 1:01

先日ヒメボタル撮影中にカメラのCCDがお亡くなりになったので、今まで我慢していたカメラの購入を検討していました。
天の川をきれいに写したいという願望を実現するために決定したのがこのカメラです。

有効画素数が2435万画素、撮像素子シフト形式の手ブレ補正はオプションのGPSユニットと組み合わせる事で星の移動を追尾することが出来ます。


これがそのGPS装置です。

西臼塚星追尾
GPS装置を使用したアストロトレーサーという機能で撮影したもの。5分露光。
星空をカメラが追尾したために、星は止まりましたが富士山や地上の景色がぶれています。

西臼塚バルブ
解放で5分露光したもの。
富士山や地上はぶれていませんが、星空は回転しています。


使用したレンズは魚眼レンズです。
頭上に広がる大きな空を見渡すためには多少の広角ではカバーできません。

水ヶ塚公園の星空
頭上の天の川を丸々とらえるのは、このレンズならではの威力です。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9615)

空から見たい物です

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-3-14 19:54
Yahoo!地図の写真モードで富士宮市街の写真を見るとなんとこれが秋まつりの写真で、浅間大社には露店が並び山車屋台が各所に曳き回されているのが見られます。
Yahoo!のサービスなので、久しぶりにYahoo!ブログにまず投稿しました。
平成24年富士宮まつりの航空写真


これがその航空写真です。

富士宮市街の写真
画面中央あたりに諫鼓鶏の山車が見られます。


航空写真の位置より少し西の咲花開所前を通過する時です。
この時間が11月4日 11時44分でした。
デジタルカメラはさまざまな撮影条件を記録してくれますので、撮影日時の特定が出来るんです。

この写真から言っても、航空写真が撮影された時間は12時少し前と言えそうです。
航空写真にこれだけ精細に広域が写っていると、同じ時間に各区の山車はどこに居たか印がつけられそうです。思いもしませんでしたが、ある意味アリバイ証明にもなりそうです。


一昔前に知り合いに軽飛行機に乗せてもらった時の写真です。
浅間大社境内の露店に登山道や浅間大社前に整列した多くの山車、共同催事の賑わいをこれぐらい近くから見られたら壮観でしょうね。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6158)
Facebookページのアルバムに大雪の記録をアップしました。



平成26年大雪の記録
ご覧いただければ幸いです。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5810)

大雪の浅間大社

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-2-27 12:20
平成26年2月8日、富士宮市街は20年ぶりの大雪に見舞われました。
浅間大社の雪景色を見に行きましたのでご紹介します。

浅間大社雪景色1
第二鳥居前です。

浅間大社雪景色2
参道では雪かきが行われていました。

浅間大社雪景色3
楼門も雪化粧です。

浅間大社雪景色4
回廊と手水舎

浅間大社雪景色5
拝殿

浅間大社雪景色6
本殿

浅間大社雪景色7
拝殿の濡れ縁

浅間大社雪景色8
内側から見た楼門

ブログ「雪の記憶」
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5782)

ブログの引っ越しです

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-2-8 14:11
2007年9月から書き続けた「へんぽらいの祭り談義」というブログが、このたびブログサービスを提供していた会社の都合で終了することとなりました。
幸いブログの記事はほかのブログサービスに移転することができましたので、これからはそちらのブログが新たな公開ブログとなります。

ご覧いただければ幸いです。

http://blog.livedoor.jp/henporai/
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6001)

富士宮市の祭りと催し(写真大)

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-1-28 1:12

写真を大きくするように別ソフトを使用して作成しました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5970)

富士宮市の祭りと催し

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-1-24 13:48



長さはこの曲に合わせてあります。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5818)

月と月が照らすもの

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-1-17 13:55

月と月明かりの風景の写真を集めたスライドショーです。
お好きな音楽を聴きながら御覧頂ければ幸いです。


このYoutubeにアップされた歌に長さを合わせてあります。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5515)

夜が来る 2

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-1-15 12:22


撮りためた写真をスクリーンセーバーでスライドショーにしたものをキャプチャーして動画にしたものです。

Youtubeにアップされた歌を再生しながら御覧頂ければ幸いです。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5482)

夜が来る

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-1-15 9:22

昔から某洋酒メーカーのTVCMで流れていたこの曲が 何とも言えず好きだった。

 

作者の小林亜星氏自ら歌っているものをyoutubeで見つけた。

スキャットではなく歌詞があるがこれもなかなか素敵だ。

 

 

再生しながらスライドショーを御覧下さい。

 

紅く染まる富士山、夜の富士山、人の暮らしと隣り合わせの富士山夜景です。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5546)

富士宮市の祭り2

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-1-7 17:13
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5822)

祭り(富士宮市の祭りと催し)

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-1-7 16:34

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5675)

夜が来る

カテゴリ : 
へんぽらい
執筆 : 
admin 2014-1-7 16:31

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5785)