祭にっぽん
全国の祭り集合!
佐野写真館(あいらぶ富士宮)
へんぽらいの仕事とふるさと紹介
へんぽらい写真日記
管理人ブログです。
facebook 佐野雅則
facebookでお待ちしています。
へんぽらい
へんぽらい

Facebookページも宣伝

Twitterに投稿
Add to Google
Yahoo!ブックマークに登録
メインメニュー
フォーラム一覧
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

AdSense
Xサーバー

祭にっぽん佐野写真館(あいらぶ富士宮)へんぽらいなど多くのサイトをこのサーバーに設置しています。
トピック一覧

富士山頂より天に昇る"すばる"を見に行こう

このトピックの投稿一覧へ

なし 富士山頂より天に昇る"すばる"を見に行こう

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-8-6 18:27 | 最終変更
admin  管理人   投稿数: 814 オンライン

昴(すばる)という星座は数の足りない北斗七星みたいという程度の認識だったが、形は富士重工のマークで見知っていた。新宿駅西口のスバルビル横を毎日通っていたからだ。
でもその星座自体は見たことがない。
というより星座自体、北斗七星とオリオンの三つ星ぐらいしか判らないのだから、あえて探すこともしなかった。

出会いは3年前の8月。
流星群が見られるというので、富士山と流星を撮るべく富士桜自然墓地公園に出かけた。

henporai.net_218.jpg, SIZE:640x428(29.7KB)

ところが、頭上には雲が広がる。
ほとんどあきらめながら、わずかに見える空にカメラを向けていた。

流星が写った。
そう思ったのだが、どうやらこれは人工衛星らしい。
同じ幅、同じ明るさで写っているのが特徴だという。

henporai.net_219.jpg, SIZE:640x428(36.6KB)

やがて雲が薄れ、わずかに山頂を覆うまでに少なくなった。
そんな時に富士山頂を覆う雲の中から、キラキラ輝きながら登る星の群れを見た。

あきらめかけた撮影だが、雲が晴れることで大きな希望を与えられた。

そして象徴的に輝く星の群れだ。
私にとっては吉祥に思えた。

この画面左に写っているのはどうやら流星のようだ。

家に帰って調べると、富士山の頂上から昇った星群はマークでは見慣れていたはずの昴だった。

昔から愛唱歌は谷村新司の「昴」。
以前乗っていた車はスバルのレガシー。

何か縁を感じる。

昴に出会ったのが、ちょうど夏の盛りのこんな時期真夜中の0時前後だった。

暑さ盛んな季節だ。
寝苦しい夜には、富士山頂から登る昴をまた見に行こうと思う。

投票数:4 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


Warning [PHP]: Parameter 1 to StdCache_Initialize::setForModule() expected to be a reference, value given in file core/XCube_Delegate.class.php line 356