祭にっぽん
全国の祭り集合!
佐野写真館(あいらぶ富士宮)
へんぽらいの仕事とふるさと紹介
へんぽらい写真日記
管理人ブログです。
facebook 佐野雅則
facebookでお待ちしています。
へんぽらい
へんぽらい

Facebookページも宣伝

Twitterに投稿
Add to Google
Yahoo!ブックマークに登録
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

AdSense

アルバムトップ : 1.写真 : 1-2.風景 :  湧玉池2画像を追加画像を追加

[<     71  72  73  74  75  76  77     >]

湧玉池2
湧玉池2高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2010-7-24 14:24    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2124  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する

 湧水量に季節的な変動などはあるものの、この水は涸れたことがない。その点遠くから汲みに来るにも安心できる場所だと言える。

 もともとこの水のファンは多く、ある高名な大物俳優はコーヒーにはこの水を好んで使用していたという。そんな訳で以前から水屋神社の前の手水用の石鉢には自由に汲めるように柄杓と上戸が置いてあったが、混雑解消のためか最近水汲み用に竹の樋が設置された。これでいつでも10箇所同時に水が汲める。常時解放されているのでいつでも無料で自由に水を汲めるが夜間は照明がないので要注意。

 水に心理的な相乗効果を期待するならば、神社にお賽銭をはずむのも良いだろう。

 市内各所の富士山の湧水に含まれるバナジウムの濃度は0.01ppmから0.07ppmということである。1リットル中に1mg(=1000μg)含まれるのが1ppmということから、つまり1リットル中に10μgから70μgのバナジウムが含まれていると言うことになる。

 湧玉池の2回の分析結果は0.04ppmと0.05ppmだから1リットル中に40μgから50μgといったところ。市販の商品は濃縮されバナジウムの含有量が1リットルあたり130μgから150μgと言った物が多い。数値的にはそれらの商品に見劣りはしてもそのおいしさが折り紙付きの、いっさいの手を加えぬ天然の水である。富士山の賜物として有りがたくいただこうと思う。

※自然の湧水にはミネラルなどが含まれ体質に合わない場合もありますので、飲用する場合は自己責任でお願いします。

=湧水より=

[<     71  72  73  74  75  76  77     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


Warning [PHP]: Parameter 1 to StdCache_Initialize::setForModule() expected to be a reference, value given in file core/XCube_Delegate.class.php line 356
Unknown Condition [8192]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file kernel/comment.php line 145