祭にっぽん
全国の祭り集合!
佐野写真館(あいらぶ富士宮)
へんぽらいの仕事とふるさと紹介
へんぽらい写真日記
管理人ブログです。
facebook 佐野雅則
facebookでお待ちしています。
へんぽらい
へんぽらい

Facebookページも宣伝

Twitterに投稿
Add to Google
Yahoo!ブックマークに登録
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

更新ページ
AdSense

Tag: 自然 昆虫 生態 観察

富士山のヒメボタル anchor.png Edit

富士宮のホタルウォッチを始めたのはかれこれ20年ぐらい前。
富士山ホタルについて教えて貰ったのもこの頃でした。
いわゆる川のない富士山に生息するのは、幼虫が水中生活するゲンジボタルでもヘイケボタルでもないはず。
たぶん陸生のヒメボタルだろうと目星をつけて見に行きました。
教えて頂いた富士山中腹の、真っ暗な夜の遊歩道に踏み込むと、居ました。やはり、ヒメボタルです。

梅雨明けの報を聞き、先日西臼塚の遊歩道まで出かけました。

135.jpg, SIZE:540x361(25.0KB)

ゲンジボタルと比べるとか弱い光ですが、フラッシュ状の発光は独特です。
30秒の長時間露光の写真左下に点々と続いているのが、その飛翔跡です。

134.jpg, SIZE:540x365(44.8KB)

こちらの方が明瞭ですね。

光の色はゲンジボタルが緑がかった黄色で、ヒメボタルは黄色。

137.jpg, SIZE:500x369(41.7KB)

ゲンジボタルの光跡はこのように線状になります。
光りも明るいので明瞭に写ります。

しばらくは足繁くこの遊歩道に通ったのですが、あることがあってしばらくは寄りつけなくなりました。地元消防団の行方不明者捜索で、この遊歩道奥で発見された遺体を見てからです。
聞けば、過去にも数例の自殺があったとのこと。
青木ヶ原樹海でなくても富士山に広がる山林には、人知れず眠っている遺体があることを思うと、気軽に足を踏み入れることが出来なくなりました。

十数年経った今でこそ遊歩道にも踏み込めますが、思い出すとやはり背中に寒気が走ります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2393, today: 4, yesterday: 2
最終更新: 2010-08-11 (水) 15:09:02 (JST) (2903d) by admin