祭にっぽん
全国の祭り集合!
佐野写真館(あいらぶ富士宮)
へんぽらいの仕事とふるさと紹介
へんぽらい写真日記
管理人ブログです。
facebook 佐野雅則
facebookでお待ちしています。
へんぽらい
へんぽらい

Facebookページも宣伝

Twitterに投稿
Add to Google
Yahoo!ブックマークに登録
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

更新ページ
AdSense

Tag: 自然 昆虫 生態 観察

富士山のヒメボタル anchor.png Edit

富士宮のホタルウォッチを始めたのはかれこれ20年ぐらい前。
富士山ホタルについて教えて貰ったのもこの頃でした。
いわゆる川のない富士山に生息するのは、幼虫が水中生活するゲンジボタルでもヘイケボタルでもないはず。
たぶん陸生のヒメボタルだろうと目星をつけて見に行きました。
教えて頂いた富士山中腹の、真っ暗な夜の遊歩道に踏み込むと、居ました。やはり、ヒメボタルです。

梅雨明けの報を聞き、先日西臼塚の遊歩道まで出かけました。

135.jpg, SIZE:540x361(25.0KB)

ゲンジボタルと比べるとか弱い光ですが、フラッシュ状の発光は独特です。
30秒の長時間露光の写真左下に点々と続いているのが、その飛翔跡です。

134.jpg, SIZE:540x365(44.8KB)

こちらの方が明瞭ですね。

光の色はゲンジボタルが緑がかった黄色で、ヒメボタルは黄色。

137.jpg, SIZE:500x369(41.7KB)

ゲンジボタルの光跡はこのように線状になります。
光りも明るいので明瞭に写ります。

しばらくは足繁くこの遊歩道に通ったのですが、あることがあってしばらくは寄りつけなくなりました。地元消防団の行方不明者捜索で、この遊歩道奥で発見された遺体を見てからです。
聞けば、過去にも数例の自殺があったとのこと。
青木ヶ原樹海でなくても富士山に広がる山林には、人知れず眠っている遺体があることを思うと、気軽に足を踏み入れることが出来なくなりました。

十数年経った今でこそ遊歩道にも踏み込めますが、思い出すとやはり背中に寒気が走ります。


Attach file: file137.jpg 274DL [Info] file135.jpg 260DL [Info] file134.jpg 277DL [Info]

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2991, today: 2, yesterday: 0
Last-modified: 2010-08-11 (Wed) 15:09:02 (JST) (3355d) by admin
Warning [PHP]: Parameter 1 to StdCache_Initialize::setForModule() expected to be a reference, value given in file core/XCube_Delegate.class.php line 356