祭にっぽん
全国の祭り集合!
佐野写真館(あいらぶ富士宮)
へんぽらいの仕事とふるさと紹介
へんぽらい写真日記
管理人ブログです。
facebook 佐野雅則
facebookでお待ちしています。
へんぽらい
へんぽらい

Facebookページも宣伝

Twitterに投稿
Add to Google
Yahoo!ブックマークに登録
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

更新ページ
AdSense

Tag: 自然 観察 昆虫 生態
流鏑馬祭の初日5月4日、前日祭を行う前に富士市旧国一と富士川に隣接する水神社に出向き「川原祓い」を行うのですが、川原に設けられた祓い所の前方中央にこのナガサキアゲハのメスが休んでいるのを見つけました。

262.jpg, SIZE:340x260(102.8KB)

高校時代は生物部に所属し蝶を追いかけていたもので、近くの岩本山や富士川の河川敷などはミカン畑も多く、このあたりのアゲハチョウ科の蝶はよく見知っています。
でも、当時ナガサキアゲハは見たこともなく図鑑の説明でも暖地性の蝶で九州や四国南部あたりにしか生息しないとのことでした。

以前ご紹介したツマグロヒョウモンと同じように、近年温暖化により生息範囲が拡大しているらしく、国土交通省が平成15年度に実施した「河川水辺の国勢調査」の結果でナガサキアゲハが中部地方の天竜川と矢作川で確認されたことが報告されていますが、生息域は更に拡大しているものと思われます。

後翅が一部欠損していますが前翅はしっかりしており、このぐらいなら気温が上がれば活発に産卵に飛び回れるでしょう。

機会があれば生息の確認に出かけたいと思います。

==参考==
EICネット記事

追記 9.21
本日自宅(富士宮市宮町)の庭でナガサキアゲハに遭遇しました。
カメラを取って戻るともう飛び立っていて、市民文化会館に飛んでいきました。しばらく追尾しましたが、見失ってしまいました。

撮影できるまではカメラが手放せません。

2007年の記事より

追記 2010.9.11
本日猫に獲られてボロボロになったアゲハ類の蝶を庭に放した。
あまりに痛んでいたので飛ぶことは出来ない。

DSCF9945.jpg, SIZE:400x268(30.7KB)

翅の裏面基部に紅い斑点がある。
あれ、これは?
やっぱりナガサキアゲハの♂だ。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 3858, today: 1, yesterday: 2
最終更新: 2010-09-11 (土) 23:14:16 (JST) (2595d) by admin