祭にっぽん
全国の祭り集合!
佐野写真館(あいらぶ富士宮)
へんぽらいの仕事とふるさと紹介
へんぽらい写真日記
管理人ブログです。
facebook 佐野雅則
facebookでお待ちしています。
へんぽらい
へんぽらい

Facebookページも宣伝

Twitterに投稿
Add to Google
Yahoo!ブックマークに登録
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

更新ページ
AdSense

Tag: 自然 観察 昆虫 生態

キチョウの羽化とフェロモン anchor.png Edit

9月26日に湧玉池近くのハギの植え込みで、羽化間近のキチョウの蛹に成虫2頭がまとわり着いているのを目撃しました。

332.jpg, SIZE:340x262(15.1KB)

以前似たような光景を目撃していたと記憶を頼りに探したら、次の写真が見つかりました。

331.jpg, SIZE:249x340(18.4KB)

昨年同じハギの植え込みで見た光景で、羽化したばかりの翅も乾いていないメスに、オスが交尾しています。

翅が乾いていないのは基部の角度が開いていて、翅が湾曲していることから判ります。

こんな状態で交尾が行われることは、この時はずいぶん意外に思いましたが、今年見た、蛹に成虫がまとわりつく様から、ひょっとすると良くあることなのかもしれないと思いました。

羽化間近の蛹からはすでにフェロモン(性誘引物質)が分泌されているのかも知れません。

こういった生態はキチョウだけに見られるのか、他の蝶でも同様のことがあるのかを注目していきたいと思います。

同様の事態を目撃された方がいらしたら、ぜひお教え下さい。

よろしくお願いします。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2589, today: 2, yesterday: 0
最終更新: 2010-08-11 (水) 15:08:25 (JST) (2685d) by admin